Powered by EverLive.net
Référencement par LOGICIELREFERENCEMENT.COM

- Pâté en croute -

- パテ・アン・クルート -

お肉のテリーヌなどをパイ生地で包んだフランスの古典的なお料理。

パテ・アン・クルートを、作るのも食べるのも大好きなクリストフシェフは、日本で行われているパテ・アン・クルートのコンクール『パテ・クルート世界選手権アジア大会』をオーガナイズする仕事もされています。

このパテ・クルート世界選手権のコンクールは、リヨン在住の4人グループによって始まりました。

フランスの伝統料理であるパテ・アン・クルートですが、近年ではフランスのシャルキュトリ(食肉加工品を扱う専門店)にですら忘れられていた存在でした。

彼らはパテ・アン・クルート作りを再び活性化するようにと、このコンクールを始めたそうです。 


- フランス語の表現 -《 Casser la croûte ! 食べる!》

Casser la croûte はフランス語で「食べる」の意味。

食べるという意味のフランス語の動詞としては、manger が良く使われますね。

お腹が空いて「食べに行こう!食べよう!」と誘う時も、通常《on va  manger !》と言うところを、《on va casser la croûte !》 と表現することができます。

 

それでは、今回のクリストフシェフのお話を聞いてみましょう♩


 

Christophe

Pâté en croûte !
Ah ben, oui, ça me parle ; parce que moi je suis friand de ça, et j’organise le concours… la sélection Asie du Championnat du monde de pâté croûte ici au Japon.
Et c’est une bande de copains lyonnais qui ont qui… ont relancé la tradition du pâté croûte. C’était un produit qui avait été oublié chez les charcutiers. Et justement, ces quatre amis ont décidé de relancer le pâté croûte en créant un concours qui aujourd’hui est connu internationalement.

Casser la croûte ! Oui, « casser la croûte », ça veut dire « allez on va manger », « on a faim », « on a un petit creux ».

 

 

コメントするにはログインしてください