Powered by EverLive.net
Référencement par LOGICIELREFERENCEMENT.COM

- Quenelle -

- クネル -

フランスの食の都・リヨンには数々の郷土料理があります。

豚肉を加工したシャルキュトリも有名ですが、忘れてはならないのが「クネル」です。 

クネルは、カワカマスという川魚をなめらかなすり身にし、バター、小麦粉、牛乳、卵などを加えて混ぜ、ラグビー型に成形し茹でます。

それにザリガニやオマールから作ったソースと合わせ、オーブンで焼き上げて完成。

はんぺんのような柔らかい食感と、なめらかなソースで、日本人の舌にも馴染みやすいリヨンの名物料理です。

もともとクネルはドイツから由来していて、以前は鶏肉で作られていたのだそう。

本場フランス・リヨンのブションへクネルを食べに行くグルメの旅も楽しそうですが、日本では、クリストフシェフのお店でとても美味しいクネルをいただくことができます!

みなさまもぜひお召し上がりください♪


- フランス語の表現 -《 bidoche お肉!》

bidoche は『お肉』という意味です。

通常は会話の中で言葉で使われます。

『お肉』をフランス語辞書で検索すると最初に出てくるのは、 viande という単語ですね。

viande は食肉全般を指しますが、フランス人同士で bidoche というと、赤身の肉や牛肉をまず最初に思い浮かべるそうです。

 

それでは、今回のクリストフシェフのお話をどうぞ♩


 

Christophe

Quenelle ! À la base, c’est lyonnais aujourd’hui, mais à la base ça vient pas de Lyon, hein ! Ça vient d’Allemagne. La quenelle c’est la Knödel. C’est vraiment!

Mais, c’est vrai qu’à Lyon, c’est une spécialité à base de chair de brochet, poisson de rivière, on obtient une mousse de poisson, très très onctueuse ; et qu’on associe avec une sauce aux écrevisses.

La quenelle, ça peut être de la volaille ! Ça peut être… ça peut être une farce fine à base de volaille. Oui bien sûr. À la base. À l’époque c’était à base de volaille.

Bidoche, c’est de la viande, voilà ! Bidoche… quand on entend le mot bidoche, en France on pense surtout à viande rouge, je pense. On pense au bœuf en premier, je pense qu’on parle de bidoche… c’est le boucher de la Bidoche, voilà !

コメントするにはログインしてください