Powered by EverLive.net
Référencement par LOGICIELREFERENCEMENT.COM

- Charcuterie -

 

- シャルキュトリ -

シャルキュトリ Charcuterie とは、 ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどの総称です。

Charcuterie というフランス語は、chair (肉) +cuite (火を入れる) が語源。

 フランス人はシャルキュトリがとても大好き!

今も昔も、フランスの毎日の食卓には欠かせない存在ので、フランスの各地にはそれぞれ伝統的なシャルキュトリがあります。

リヨン風のシャルキュトリといえば、ピスタチオ入りのセルヴェラ。

太い肉厚のソーセージで、ローズ色の断面に、さわやかなグリーン色のピスタチオが散りばめてあります。

クリストフシェフの美味しいシャルキュトリの数々、ぜひ堪能してみたいですね! 


- フランス語の表現《 Pour des prunes  無駄に、無益に 》

Pour des prunes を直訳してみると「プラムのために」。

なんだか可愛らしい表現ですが、フランス語の話し言葉では「無駄に、無益に、」という意味になります。

他のフランス語では、Pour des prunes を Pour rien と言い換えることができます。

なぜ、リンゴやオレンジではなく、『プラム』なのでしょうか…。

「Pour des prunes プラムのために」というこの表現、実は、1148年に第2回十字軍がシリアのダマスカスへ進撃した出来事から来ています。

ダマスカスを包囲した第2回十字軍でしたが、わずか4日間であっけなく撃退。

戦いに敗北し、何の栄光もなくエルサレムへ戻り解散しました。

ダマスカスから持ち帰った唯一のものは、新種のダマスカスのプラム。

それで彼らは、文字通り「プラムのためにだけ戦争に行った!」と言われてしまいました。

そこから派生して、「無駄に、無益に、」という意味を込めて Pour des prunes! という表現が使われるようになったのです。

 

それでは、今回のクリストフシェフとボブのお話をどうぞ!


 

Bob
La charcuterie c'est démodé ?

Christophe
Ah non! La charcuterie c'est pas démodé. C'est universel, c'est au goût de tous les jours. Les Français adorent ça.

Bob
Il y a une tradition de charcuterie à Lyon ?

Christophe
Pas seulement à Lyon. Dans toutes les régions de France, on retrouve des techniques différentes. Mais à Lyon, oui la charcuterie est très présente avec le fameux cervelas lyonnais pistaché que nous on fabrique maison aussi.

Bob
Pour des prunes….

Christophe
Faire quelque chose pour des prunes, c'est faire les choses pour rien du tout. C'est à dire qu'on s'est donné beaucoup de moyens, on a donné beaucoup d'efforts, et au final on a rien du tout. Ça sert à rien !


 


 Produced by フランス語Chocolat! 

 東京・神楽坂にあるクリストフシェフのレストラン ルグドゥノム・ブション・リヨネ

コメントするにはログインしてください