Powered by EverLive.net
Référencement par LOGICIELREFERENCEMENT.COM

【シネ・クラブレポート】『 Jour de Fête 』ジャック・タチ


Chocolat!の「Ciné-club シネ・クラブ」は、ボブがフランス映画を深く掘り下げて解説し、その魅力やおもしろさを一緒に発見する映画研究会です。

 

第4回目のシネ・クラブでは、ジャック・タチの『 Jour de Fête 』を取り上げました。

夏のシネ・クラブは、気軽に笑って楽しめるフランスのコメディー映画がテーマです!

 

映画監督で俳優のジャック・タチは、若い頃からパントマイムで舞台に立つなど人間の動きで人々を魅了し続けてきました。

長身でちょっとコワモテのジャック・タチは、とてもチャーミングな仕草で観る人の笑いを誘います。

そのギャップの可愛らしさといったら!

思わずクスクスッと笑ってしまいます。

ジャック・タチはの活躍の場は舞台のみならず、短編映画、長編映画と幅広く挑戦していました。

今回の作品は、ジャック・タチの初の長編映画作品で、監督、脚本、出演を自ら取り組んだ代表作品のひとつです。

ストーリーの主人公は、フランスののんびりした片田舎で働くジャック・タチ演じる郵便配達人。

お祭りの日に上映されたアメリカ映画に影響され、自転車で村中を駆け回りながらコミカルな騒動を巻き起こします。

フランス映画らしく哲学的な部分も含まれているので、そこも興味深い部分です。

ジャック・タチは、フランスのチャップリンと表現されることもありますが、今回のシネ・クラブでは、チャップリンとは全く違ったジャック・タチならではのコメディー・スタイルを探求できましたね。

 

途中の休憩タイムには、季節のさくらんぼのタルトを楽しみながら、映画のお話で盛り上がりました。

また映画にも出てきた、フランス流お菓子のラッピング「パケ・モンテ」の作り方をご紹介したりと、映画以外のプチ・フランス文化も楽しめましたね。

ご参加くださり、どうもありがとうございました! 

 

次回、8月もフランスのコメディー映画がシネ・クラブのテーマ。

フランス人の笑いのツボが理解できるようになると、またフランス語の世界が広がります!

みなさまのご参加お待ちしています♪

次回、8/3の詳細とお申し込みはこちらからどうぞ!

 


〜 感想のご紹介 〜 (一部抜粋)

「お話全てが興味深く、フランス映画の新たな魅力を発見しました。」

「本当に楽しい時間を過ごせました。 シエコさんの優しくて素敵なお人柄に触れて大感激でした! そしてずっとポッドキャストで声を聴いていた『生』ボブさんが目の前にいて、またまた感激!」

「シネクラブ、アッと言う間に時間が経ってしまいましたよね。 ボブさんの解説を聴いてあらためて同じ画面を見てみると 「ナルホド、ナルホド、そういうことだったのね」と合点が行ったり 面白さも倍増します。」

「映画製作に関するボブさんの話は本当に興味深く、フランスを 初めとするヨーロッパ映画=アート、とハリウッド映画=ビジネス、 の対比も監督達の姿勢を具体的に解説して下さってよく解ります。」

「もう一つの楽しみであるエミさんガトーも美味しく頂いた上に、昨日は MARSALA を初賞味、そしてパケモンテなどというお洒落な包装も 初めて、と盛りだくさんのひとときを楽しめました。  こういうシネマ鑑賞、この先もこの先も楽しみにしています(^.^)」

「こちらこそとても楽しい映画会でした。ありがとうございました。 ボブさんはさすがです。本当にプロで映画にも詳しく話があふれでてきますね。。 エミさんのケーキもとても美味しかったです。 また機会があれば参加させて頂きたいと思います。」

「繰り返し味わうことで見つかる新たな発見ってありますよね。 また、なぜだかわからないけど、繰り返し読みたくなる本や、観たくなる映画、というのもあったりして、 作品は違うにせよ、その「なぜだかわからないけど」なところが何なのか、シネクラブにくると判明するような気がします。 毎回面白いです。 あらためまして、ありがとうございました。」

「Merci à Bob san, Shieko san et Emi san, pour votre accueil comme toujours. Grace à vous, J’ai découvert un des meilleurs films de Jacque Tati et savouré de très bonnes tartes aux cerises au Marsala :D J’ai reconnu la simplicité qui avait été créé par le scenario bien pensé, et admire beaucoup sa mise en scène. Les habitants de Sainte-Sévère aussi ont dû s’amuser pendant le tournage de ce film comme la fête.」

「お菓子がとても美味しくて、買えるものならケーキ丸ごと買って新潟に持って帰りたい!と思いました。 お酒に弱い私はマルサラ酒一口で真っ赤になってしまったのですが、お酒も美味しかったです。 そして犬が苦手な私でしたが、イベント中くるくるとみんなの周りを回ってパタパタと尻尾を振る姿に居心地が良くなってきました。 私からも皆様に心からお礼を申し上げます。 また是非参加させていただきたいと思います。」


たくさんのご感想をどうもありがとうございました。
また次回もみなさまと一緒にフランス映画を探求できることをを楽しみにしています!
A bientôt !