Référencement par LOGICIELREFERENCEMENT.COM

世田谷美術館(東京都世田谷区)

2018年1月13日(土)ー4月1日(日)

『ボストン美術館 パリジェンヌ展ー時代を映す女性たち』(東京展)

 ご招待券プレゼント(5組10名様)

応募条件:会員の方
12月22日(金)〆切。抽選にて

 

Please let us know your name.
Please write a subject for your message.
Please let us know your email address.
Invalid Input
Invalid Input
Invalid Input
Please let us know your message.
Captcha
Invalid Input

%MCEPASTEBIN%
2017年11月29日(水)15:56

ビュリダーヌ

Buridane:リヨン出身のシンガーソングライター。等身大の繊細な女性の心情を歌う。2014年の来日ライブの際に番組で紹介。2017年11月には5年かけて作り上げた新アルバムをリリース。コンテンポラリーダンサーから歌手に転向した彼女らしく、PVのダンスの振り付けも自身が行うなど、細部までこだわり抜いた作品になっている。


Chocolatで紹介  


 

 

 


Buridane(公式サイト)

2017年10月31日(火)17:27

エリック・サティ

Erik Satie:1866年フランスに生まれ、19世紀末から第一次大戦前後にパリで活躍した作曲家。 「音楽界の異端児」と呼ばれ、ドビュッシーやラヴェルらその時代の西洋音楽に大きな影響を与える。代表曲は誰もが耳にしたことのある“3つのジムノペディ(第1~3番)”など。 番組で取り上げたのは、ちょうど100年前の1917年、ジャン・コクトーが、サティ、ピカソ、そしてバレエ・リュスのディアギレフらに持ちかけて実現した現代バレエ“パラード”。タイプライターのタイピング音などを取り入れているのがサティらしい。


ナレーション/インタビュー   #546 Parade(エリック・サティ作曲バレエ)


Chocolatで紹介  


 

 

 

 


エリック・サティ(wikipedia)

2017年10月04日(水)10:29

アクセル・レッド

Axelle Red:1968年、ベルギー・ハッセルト生まれのシンガーソングライター。ベルギーやフランスでは誰もが知る存在で、歌手活動のほかに、子どもや女性たちのために慈善活動も行う社会派。ソフトな歌い方ながら、反戦歌やメッセージ性の強い楽曲も。名前にちなんだ赤い髪がトレードマーク。


Chocolatで紹介  


 

 

 

 


アクセル・レッド(wikipedia)

Axelle Red(公式サイト)

2017年08月18日(金)13:27

セルジュ・レジアニ 

Serge Reggiani:1922年、イタリアに生まれ、2008年パリで没するまで、俳優としても歌手としても成功を収める。オフュルス監督の『輪舞』や、ヴィスコンティ監督の『山猫』など数々の大作映画に出演。歌手としては、自作の歌詞のほか、ランボーやボードレールなど往年の詩人たちの詩を豊かな表現で歌い上げる楽曲で知られる。


ナレーション/インタビュー   #537 セルジュ・レジアニ


Chocolatで紹介  


 

 

 


セルジュ・レジアニ(wikipedia)

2017年06月30日(金)15:54

酔っ払い

Ivresse:開放的な夏にふさわしい?「酔っ払い」の曲をご紹介。時代は、50年代より活躍していたジャック・ブレルやクロード・ヌガロなどシャンソン界の重鎮から、90年台にデビューしたヒップホップグループまで幅広く織り交ぜてセレクト。fêteだから、悲しみ、依存、など人それぞれ酔っ払った理由が、豊かに歌に表現されている。


ナレーション   #534 酔っ払い


 Chocolatで紹介   


 

 


Claude Nougaro(wikipedia)

Fondation Jacques Brel(公式サイト)

Serge Reggiani(wikipedia)

Svinkels(wikipedia)

Soldat Louis(公式サイト)

2017年06月01日(木)11:12

リシャール・ゴテネール

Richard Gotainer:1948年、パリ生まれの歌手。幼い頃から周りの音に関心があり、音で遊ぶことを得意とする。広告代理店に就職し、コマーシャルのジングル制作にその才能を発揮。仕事上、音楽家たちとの出会いを通じて、自身が歌手に。CMづくりから発想される、キャッチーでユーモアある歌詞や効果音を入れた、独自の音楽を数々生み出す。2017年には、フランスの大統領選挙を揶揄した「Les moutons」をリリース。


 ナレーション   #529 リシャール・ゴテネール


Chocolatで紹介  


 

 

 

 


Richard Gotainer(wikipedia)

Richard GOTAINER officiel(公式サイト)

2017年05月01日(月)13:34

ジョルジュ・ブラッサンス

Georges Brassens:ジャック・ブレル、レオ・フェレとともに、“シャンソン界の三大巨匠”に名を連ねるひとり。1921年、南仏の港町セートに生まれ、81年に没するまでの生涯で、たくさんの反骨精神あふれる詩的な歌詞の曲をギターで弾き語り、今でもフランスで知らない人はいないほど親しまれている。巧みな言葉遊びや暗喩が盛り込まれた歌詞の難解さが、国外でそれほど知名度が高くない理由とされる。


インタビュー   #525 クレモンティーヌ・ドルディル(キュレーター)


Chocolatで紹介  


 

 


ジョルジュ・ブラッサンス(wikipedia)

GEORGE BRASSENS(公式サイト)

2017年03月30日(木)14:58

人生のワンシーン

 Tranche de vie:「人生のある部分」を物語る曲を、ボブがセレクト。紹介しているのは、小さな村で生まれ、5歳でパリに行って...という自分の生い立ち、容姿端麗なモデルではなく、工場で働く優しい彼女について、亡くなった「オヤジ」への回想、戦争に行った恋人からの手紙を待つメイドの話、など、多岐にわたる人生のひと場面をうたった曲。共通点があるとすれば、人はそれぞれが幸せを求めていること、かもしれません。


ナレーション   #518 tranche de vie


Chocolatで紹介


 

 

 


2017年02月14日(火)14:18

デランカント

Délinquante:セリーヌとクレール、2人のデュオ。マルセイユのコンセルヴァトワールで出会い、2008年にDélinquanteを結成。アコーディオンなど、多様な楽器を使ったレトロな演奏と、風刺を効かせた歌を組み合わせる独特なスタイル。2人は17年4月には、舞台の要素を取り入れたショー「FEMME(女)」で初来日する。


インタビュー   #514 デランカント(セリーヌ)


 Chocolatで紹介


 

 

 


DÉLINQUANTE(仏語公式サイト)

DÉLINQUANTE(公式facebook)

 

 

番組すべて見る

月 850 円

  • フランス語教材の利用

  • 300超えるレッスン数

  • 10年分を使い放題

  • 毎朝の単語メール

  • これでランチ1回分!