ドアノー et イリス

2017年04月22日(土)05:00

521

第521回。ドキュメンタリー映画「パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー〈永遠の3秒〉」のご紹介。フランス語トピックはケベック人BD作家イリス・ブドローさんインタビュー。彼女のコメントからレッスンもどうぞ。

2 コメント

  • コメントリンク bob 2017年05月01日(月)15:13 投稿者: bob

    「Histoire」はいくつかの意味があります。
    我々の人生での小さな物語も「des histoires」と言います。そして、教科書に書いてある文明や国の歴史も「l’histoire」と言います。
    区別するために、最初の文字「H」を小文字もしくは大文字にします。
    それにより、それぞれ違う意味になります。

    l’Histoire avec un grand “H”
    = la grande Histoire 文明や国の歴史
    et nos histoires=我々の人生での小さな物語

    となります。グランドホテルのことではないのですよ。

  • コメントリンク vinrose 2017年04月28日(金)15:11 投稿者: vinrose

    こんにちは。
    ロベール・ドアノーさんの「市庁舎前のキス」は、パリらしい美しくさりげない日常の一コマとして
    憧れていた写真です。でも、どうやらこれはヤラセのようで、様々な問題がおこったようですね。
    それはともかく、ドアノーさんの写真は本当に素晴らしく、大好きな作品ばかりなので、ご紹介していただいて嬉しいです。
    ところで、文章の
    ・・・l’Histoire, avec un grand « H », et des histoires・・・の中の
    grand≪H≫ とはグランドホテルのことですか?すみません。お教えいただけると嬉しいのですが。

コメントするにはログインしてください

番組すべて見る

月 850 円

  • フランス語教材の利用

  • 300超えるレッスン数

  • 10年分を使い放題

  • 毎朝の単語メール

  • これでランチ1回分!