Référencement par LOGICIELREFERENCEMENT.COM

ベルギー展 et カリン

2017年07月08日(土)05:00

532

第532回。Bunkamuraザ・ミュージアムで開催される『ベルギー 奇想の系譜』展の話題。フランス語トピックは、フランス人ジャーナリスト、カリン・プペさんコーナー。彼女のコメントからレッスンもどうぞ。

4 コメント

  • コメントリンク shieko nakakuki 2017年07月31日(月)13:44 投稿者: shieko nakakuki

    Chinatsuさん、ご投稿ありがとうございます。日本の清潔さは確かに素晴らしいですね。以前東京駅の新幹線ホームで、出発前の車内清掃を見ていたことがあります。短時間で手際よく隅々まで一新されていました。座席の頭部が当たる部分の布も1つ1つ取り替えていてびっくり。お掃除のレベル高しです。普段、普通に利用していることの裏には、たくさんの方が動いていて、利用させていただく側も感謝の気持ちが必要なのだとしみじみ思いました
    Chinatsuさんは、パリに住んだことがおありなのですね。「住む」って素敵ですね。文化を体験から学べますものね。私もちょっとだけ住んで見たいなあ。

  • コメントリンク Chinatsu Sasaki 2017年07月25日(火)20:05 投稿者: Chinatsu Sasaki

    カリンさんのお話はいつも日本人に対してビシビシ攻めてきますね。見知らぬ人に無関心というのは、大都市ならではの状況にも思えます。私も東京に住んでいた時は、このような経験をしたことがあります。パリにも住んだことがありますが、満員電車のときは誰でも思いやりの心がなくなってしまいがちです。その点はどの国にいても気をつけなければいけませんね。それでも日本の公共交通機関はフランスより清潔で快適なので、この点は妊婦さんにはやさしいと言えると思います!

  • コメントリンク shieko nakakuki 2017年07月12日(水)10:57 投稿者: shieko nakakuki

    Masatoさん、ご投稿ありがとうございます。本当にその通りですね。優先席でなくても、お年寄りや妊婦さん、お子さんを抱いているママたちや体調がお辛そうな方々にお席を譲れる私たちでありたと思います。その行動の根底には、謙虚な気持ちと感謝の気持ちが、どちらにもあると良いですよね。日々の生活の中で、相手を思う気持ちを忘れずにいたいと思います。まずは自分から!ですね。頑張ります。シエコ

  • コメントリンク Masato IWASAWA 2017年07月09日(日)11:41 投稿者: Masato IWASAWA

    カリンさんのご指摘はごもっともであり、非常に耳の痛いお話です。昔もいろいろありましたが、特にここ数年は自分のことしか考えられない人が増えているように感じます。論点がずれますが、こどもの声を騒音扱いして保育園建設に反対することと、目の前に立つ妊婦さんの存在を無視することは同根ではないでしょうか。短所のない国はありませんが、明らかな看板倒れです。東京オリンピックも訪日外国人の取り込みも結構ですが、我がふりを直すのが先です。

コメントするにはログインしてください

音楽すべてを見る

月 850 円

  • フランス語教材の利用

  • 300超えるレッスン数

  • 10年分を使い放題

  • 毎朝の単語メール

  • これでランチ1回分!