Référencement par LOGICIELREFERENCEMENT.COM
2017年08月31日(木)22:30

エマニュエル・ベルコ

 

ニコラ La classe de neige (1998) 出演 今日から始まる It All Starts Today (1999) 出演 なぜ彼女は愛しすぎたのか Clément (2001) 監督・脚本・出演 A Tout de Suite (2004) 出演 Backstage (2005) 監督 17歳の夏 Camping sauvage (2005) 出演 ザ・レイプ 欲望の報酬 Mes chères études (2010) テレビ映画、監督・脚本 パリ警視庁:未成年保護部隊 Polisse (2011) 脚本・出演 プレイヤー The Players (2012) 監督 Elle s'en va (2013) 監督・脚本 太陽のめざめ La Tête haute (2015) 監督・脚本 モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 Mon Roi (2015) - トニー 役[4] La fille de Brest (2016) 監督・脚本

 

2017年08月31日(木)22:28

ヴァンサン・カッセル

 

父は名優のジャン=ピエール・カッセル[1][2]、母親はジャーナリスト[3]。また、兄のマティアスはラッパー[4]、女優のセシル・カッセルは母違いの妹[5]。母語であるフランス語は勿論、英語、ポルトガル語を流暢に話せる[6]。 アメリカのアクターズ・インスティテュート・オブ・ニューヨークでコメディを学び、1991年に映画デビュー、マチュー・カソヴィッツの『憎しみ』で注目されるようになり、以後フランス映画だけでなくアメリカ映画でも活躍している。英語圏では「ヴィンセント・カッセル」と読まれることもあった。 2008年第21回東京国際映画祭において、ジャン=フランソワ・リシェ監督作『パブリック・エナミー・ナンバー1』(Part1&2)で実在のギャングの半生を主演し、最優秀男優賞を受賞。

 

2017年08月31日(木)22:25

ジェレミー・レニエ

1981年1月6日、ベルギーのブリュッセルに生まれる[2]。 1999年、フランソワ・オゾン監督の『クリミナル・ラヴァーズ』に出演する[3]。2005年には、ダルデンヌ兄弟監督の『ある子供』で主役を務める[4]。2008年、オリヴィエ・アサイヤス監督の『夏時間の庭』に出演する[5]。

2017年08月31日(木)22:23

アデル・エネル

父はオーストリア人の翻訳家、母は教師である[2] · [3]。13歳の頃、セーヌ=サン=ドニ県モントルイユ にある演劇クラスに通う。 2002年『クロエの棲む夢』のヒロイン役を獲得し、デビューすると共に、フランス映画祭上映ゲストとして監督のクリストフ・ルッジア、共演のヴァンサン・ロティエと共に来日。当時の日本語表記はアデル・ヘネルだった。 2007年、セリーヌ・シアマ (Céline Sciamma)監督の映画デビュー作品である『水の中のつぼみ』におけるフロリアーヌ役により2008年度セザール賞有望若手女優賞にノミネートされ[4]、広く知られるようになった。 2009年、映画『Dechainées』のルーシー役でジュネーブのCinéma Tous Ecransフェスティバルにて俳優賞を受賞。 2012年、ベルトラン・ボネロ (Bertrand Bonello)監督の映画『メゾン ある娼館の記憶』でヨーロッパ・フィルム・プロモーションのシューティングスター・アワードをベルリンにて受賞、そして、再びセザール賞有望若手女優賞にノミネートされた。 その後、2013年の映画『スザンヌ』でセザール賞助演女優賞、2014年の映画『ミリタリーな彼女』でセザール賞主演女優賞をそれぞれ受賞した。

2017年08月31日(木)22:21

ルドヴィック・ブールス

ルドヴィック・ブールス(Ludovic Bource、1970年8月19日 - )は、フランスの映画音楽の作曲家である。 2011年の『アーティスト』が高く評価され、アカデミー作曲賞やゴールデングローブ賞作曲賞などを受賞した[1][2]。発音としてはリュドヴィク・ブルスが近い。